食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

壊れた世界

ハッピーホリデー?

「ハッピーホリデー」(Happy Holidays)という言葉を今年はよく聞きますね。ちょっとむずむずする。 私はクリスチャンではないけれど、「メリークリスマス」(Merry Christmas)と言ったり、キリスト生誕を祝ったりするのに何の抵抗もない。 すべての宗教(…

Facebookへ

ブログの内容を少しずつFacebookに移しています。 http://www.facebook.com/saito.satoshi

政治が遠い

強いカリスマとリーダーシップを持ち、高い徳を備えた人というのは、日本にはたくさんいる。インタビューでいろいろな人に出会うたび、そう感じて感動と感謝の念が満ちてくる。

グラウンド・ゼロ(WTC跡地)で

これこれ杉の子起きなさい 先月の末、アメリカ同時多発テロ事件のグラウンド・ゼロ(ground zero)、ワールドトレードセンター(WTC)の跡地を訪ねた。

FoodScienceはなぜ休刊したか

FoodScienceがなぜ突然休刊することになったのか、お問い合わせをいただきます。

banana republic

米国政府関係者が、「日本は『バナナ共和国』だ。安全保障の交渉などできない」と言ったという。 「日本はバナナ共和国」 米、鳩山政権に不信感(産経)

人気者の正体

[caption id="attachment_1209" align="alignright" width="108"] 食われ、隠され「本当に怖いことは、最初、人気者の顔をしてやってくる」。以前、社民党がCMで使った言葉。あの時は笑ったけれど、今は洒落にならない。

盧武鉉死す

ご冥福を祈ります。 自殺? カトリックの?

洗足学園の生徒さん、先生、しっかり

[caption id="attachment_1206" align="alignright" width="192"] 成田 校長先生。悔し涙でいらっしゃるのかもしれませんが、泣いちゃだめです。もらい泣きしちゃうじゃないですか。

北野誠氏への仕打ちが私刑であれば許されない

[caption id="attachment_1205" align="alignright" width="144"] わかれ道ね。青の次は黄色、黄色の次は赤。行く先は右か左しかないものか 言ってはいけないことはある。もちろん。たとえば、なんら落ち度のない人や団体を根拠なく侮辱したり、恐怖を与える…

我々は戦時下にある

[caption id="attachment_1204" align="alignright" width="144"] 今週末のお花見は中止 朝鮮人民軍総参謀部が、「日本が『迎撃』行為を行うなら、展開された迎撃手段だけでなく、重要対象にも断固たる報復の攻撃を加える」と発表したのだという(時事/朝鮮…

イカール星人、函館市役所粉砕!

「君たち、相変わらずイカしか思い付かんのか!」と思いながら、観てみたらけっこう面白かった。

民主党の“やっちゃいました”

小沢一郎。状況証拠から類推すれば、どうしても「真っ黒」に見える。でも「真っ黒」とする物証、客観的な証拠は揃わない、ということになった。民主主義の制度に救われたと考えるなら、国民は喜ぶべきなのかも知れない。

「カワイイ大使」のニュースに力が抜ける

[caption id="attachment_1202" align="alignright" width="192"] 子供がJALの見学でもらって来たCAのフィギュア。記事とは関係ないですが、私に全く理解できない大人のチョイスの一例として マンガ、アニメの次は「カワイイ大使」だそうで。青木美沙子さん…

卑劣なる者。汝の名はジャンパー也

[caption id="attachment_1200" align="alignright" width="144"] 跳ぶよ 東京では、街を歩いているとよくジャンパーに出くわすようになった。

経済効果、数倍してマイナス

[caption id="attachment_1198" align="alignright" width="192"] 適正に販売されているチロルの「みたらしだんご」 地元の駅前に和菓子店がある。その店の角には、焼き団子を売る売店をしつらえてある。子供がまだ小さい小さいとき、手を引いて買いに行った…

不思議な隣人体験

[caption id="attachment_1197" align="alignright" width="192"] 地図を見るたび、あの奇妙な“隣人”を思い出す 何年か前のこと。職場に突然韓国から電話が来た。広告代理店の部長か何かの役職の人。あの国のある電機メーカーのハウスエージェンシーだという…

日本人拉致事件。国際世論を高める活動に賛同します

1977年に中学1年生であったということは、私と同い年なのだ。横田めぐみさんは。彼女に起こったことをひとごととは思えない。

技術と力の欠如が太平を破る

[caption id="attachment_1196" align="alignright" width="144"] ペリー。ならず者の代表の一にしてある意味では恩人【竹島プロジェクト】2月22日は竹島の日です。 江戸時代というのは、一種の楽園だった。もちろん、欠点もたくさんあったけれど、300年近く…

雲垂れて四方の眺めは賊ばかり

[caption id="attachment_1195" align="alignright" width="144"] 右「は?」。左1「この舟はもらいました。あなたはあっちへ行ってください」。左2「うっぷっぷ!」【竹島プロジェクト】2月22日は竹島の日です。 尖閣諸島にまたぞろ台湾の国籍を持つ一部の…

航空機事故でバッファロー名物にさようなら

[caption id="attachment_1193" align="alignright" width="192"] ボンバルディアQ400(他の航空会社の同型機) 米国ニューヨーク州バッファロー近郊で、旅客機が住宅地に墜落。50人も亡くなった。

目玉おやじが1位なんだそうです

[caption id="attachment_1192" align="alignright" width="192"] 鬼太郎ハウス「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじが1位。「第二回妖怪人気投票」(境港市観光協会主催)なるものがあって、前回1位の一反木綿を僅差ながら下したのだという。

壁に耳あり障子に目あり。喫煙所で王様の耳はロバの耳

[caption id="attachment_1191" align="alignright" width="192"] マナー悪いよ 換気と眠気覚ましのために、窓を開けて仕事をすることが多い。窓の外は隣のビルの外階段。その踊り場の一つが、そのビルの喫煙所になっている。

そばスタンド、静かなるお尻テロ

[caption id="attachment_1190" align="alignright" width="192"] 線路はどこまでも続くわけではなかった 学生の頃、帰省に急行列車を使うと安く上がることを覚えて何度か使った。19時とか20時頃上野を出て、翌朝青森に着く。座り心地の悪い椅子で12時間も揺…

危機の予兆

[caption id="attachment_1189" align="alignright" width="144"] お見通しです(閻魔大王) 20代の頃、ばかに家賃の高いアパートに住んでいた。思い出すたび、いい気なものだったと思う。ある日帰宅すると、すべての部屋の床が水浸し。狐につままれたような…

「花畑牧場 生キャラメル」でいらいらが止まらない

[caption id="attachment_1188" align="alignright" width="192"] 花畑牧場 生キャラメル ついに出くわしてしまった「花畑牧場 生キャラメル」。相変わらずよく売れているそうで、デパートの催事“北海道物産展”などでは、牽引役になっているとのこと。

あなたには見えるはず

[caption id="attachment_1187" align="alignright" width="144"] 高雄 台湾。

お金の心に応えているか

[caption id="attachment_1185" align="alignright" width="144"] 子供たちの気持ちに応えること お世話になっている、ある編集者が言っていたこと。この人は以前少年向けマンガ雑誌の編集部にいた。とても待遇のよい会社だったはずだけれど、そこを辞めて、…

スクーバダイビングツアーの苦い思い出

[caption id="attachment_1184" align="alignright" width="192"] オープンウォーターの免状をもらったけれど プーケットに行ったのは、1993年の秋。スクーバを習うために、エア、宿、PADIのスクールが一緒になったツアーに申し込んだ。遅い夏休みのつもりで…

年越し派遣村?

[caption id="attachment_1183" align="alignright" width="144"] 遠い星は小さく輝いて。月は痩せたり太ったり[/caption] 弱い立場にいると思い込むと、そこにつけ込まれる。人に利用される。それは世の常。

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.