食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

想う伝える

「藤田田の頭の中」刊行

「藤田田の頭の中 日本マクドナルド創業者・ハンバーガーを和食に変えた男の秘密」(genenakazonoシリーズ Kindle版) 昨日、ジーン・中園 著「藤田田の頭の中 日本マクドナルド創業者・ハンバーガーを和食に変えた男の秘密」(genenaka…

余暇という言葉

余暇という言葉はよくない。あまったひま、だよ。ここまで消極的で大丈夫なのか。

他人の価値観はほっとく

引っ張り合い 中学、高校で不良って、酒、煙草、シンナー、その他の薬、セックス、万引き、その他の犯罪行為に関与することがオトナだって演出して、ぼやぼやしたやつらを引きずり込むでしょ。あれと、昨今の金儲け系自己啓発って、同じ仕組みを使っているも…

任せ方の流儀

任せ方の流儀任せるとは何か、どうやったら任せられるのか。 Yahoo! Japan と NTT Comware の事例執筆を担当させていただきました。 ぜひ店頭でご覧ください。 「任せ方の流儀」

取材対応について

食に関する話題で雑誌やテレビ等の取材や問い合わせを受けることが最近多くなりました。 執筆か聞き取りだけか、報酬があるかどうか、記名であるかどうかを問わず、基本的になるべくお答えするようにしています。私よりも面白い情報を提供してくれそうな人が…

コメントについて

外国からのSPAMコメントが多いため、新規のコメントの受付を停止しました。ご意見等あります節はメールでお寄せください。できるだけお返事するようにします。また、とくに「公開希望」「公開での回答希望」と記してくだされば、なるべくご希望に添うように…

Twitter(ツイッター)

というわけで、はじまっちゃいましたTwitter。「齋藤訓之」本名で探してください。

変わる文字、変わる文章

書く twitter。面白いでしょうね。私はやりませんが。KindleにiPad、これも面白そう。Kindleは「日経ビジネス Associe」編集の元同僚が持っていて見せてもらったことがある。パソコンの延長で考えていたら、全然違う代物だった。どちらかというパソコンより…

産経新聞(2009/9/19)の取材におこたえしました

「産経新聞」9月19日の「気軽に農体験 WWOOF 日本でも広がり」で、コメントをご紹介いただきました。ありがとうございます。

雨はさり

雨はさり まつりばやしの 夕やみに 誰もほめぬ巻 余はものしつつ 豆窯軒

小学館「SAPIO」の取材におこたえしました

「SAPIO」7月22日号 「SAPIO」7月22日号(小学館)の「SPECIAL REPORT:利権と誤解と怠慢に満ちた衰退産業から脱却しよう 農業が日本を変える」の取材におこたえしました。

産経新聞(2009/5/27)の取材におこたえしました

「産経新聞」5月27日の「農業を始めたい!! どんな準備・心構えが必要?」で、コメントをご紹介いただきました。ありがとうございます。

「日経ビジネス Associé」の取材におこたえしました

「日経ビジネス Associé」5月19日号の特集「あなたが今、読むべき本」の取材におこたえしました。「食生活」のコーナーで、コメントを紹介していただいています。ありがとうございます。

特報首都圏

さて大変。どうも私はテレビに出るようです。 4月24日(金)19:30~ NHK総合(関東甲信越地方) 「特報首都圏」 http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200090904250030080/ 農業の話題です。

千本松牧場のチーズが「もったいない」という話

千本松牧場。いつもにぎやかで楽しそう 那須塩原の「千本松牧場」、西那須野塩原インターチェンジを下りてすぐに広大な農場があるということで、行楽の行き帰りにも人が集まり大人気。

「グラビア」と言いながら実はオフセット

グラビアの例(「週刊新潮」の口絵)「グラドル」と言ったら「グラビア・アイドル」。「グラビア」は、最近は雑誌などの印刷物の写真ページ一般を指す言葉になっているけれど、最近はオフセットに押されて、本当のグラビアはずいぶん減った。

「寡聞にして知らない」は嫌味で言ってるんです

聞いたことありませ~ん「寡聞にして知らない」という言い方。新聞のコラムなどでよく見かけるけれど、嫌な言い方。

犬を入れるのはケージ。ゲージじゃないの

リレキショ。デレキショじゃないの。覚えなさい 犬や猫を入れるカゴ。ペットショップのスタッフがよく「ゲージ」と言っている。売場を見ると、文字でも「ゲージ」と書いてあったり。あれはどうにかならないものかな。

広告の鬼にかまをかける

柳田國男が使った部屋。先生はどんな質問をしたのかな 1984年創刊の「日経ベンチャー」が、次の4月号から「日経トップリーダー」に誌名を変える。その中で担当させていただく新しい連載の一つが、「鬼十訓」に関するもの。それで、電通中興の祖にして広告の…

「BRUTUS」2/15の特集「みんなで農業」に農水省の予算が付いていることについて

「BRUTUS」の特集「みんなで農業」 農業の取材をする仲間から「農水省の官僚から聞いて来た」と、それをさっき聞いた。情報遅いですね、私は。「BRUTUS」(ブルータス)2/15の特集「みんなで農業」。農水省の予算が付いていたという。なるほど。さもありなん…

生き残りたいなら、リーダーに続け!

リーダーに右へならえ 函館は、タクシーがたくさん走っている。同じ規模の地方都市の中では多いほうなのではないだろうか。働き始めたばかりの頃は、そのノリで失敗したことがけっこうある。出張で「このぐらいの都市なら、流しのタクシーがいるだろう」と思…

原稿 IV

自己嫌悪のどん底。

原稿 III

だめだー。オレのばかー!

原稿 II

だめ。終わらない。次ぎにかかれない。すみません、すみません。

原稿 I

書けない。進まない。ばか。

ドキュメントとプレゼントの達人。奥井俊史さん

なぞの木箱が届く 先月、ハーレーダビッドソン ジャパンから、荷物が届いた。荷札には「書類」とある。はて? 何か見せてもらうものがあったかしらん? 書類の割に、中からは何かカタカタと音がする。

先生に“さんづけ”

[caption id="attachment_1540" align="alignright" width="192"] 函館を走る 通っていた高校には、他校から見ると奇妙な習慣やら変わった文化やらがいろいろあった。その中の一つが“さんづけ”。

私とANA全日空――出会い、あこがれ、絶縁、再発見または和解 VI

[caption id="attachment_1538" align="alignright" width="192"] 雪が去り、雲が晴れる 昨年の11月、ハーレーダビッドソン ジャパンの「長崎ハーレーフェスティバル」の取材で、長崎に行った。このときも、最初日本航空で行こうとしたのだけれど、スケジュ…

私とANA全日空――出会い、あこがれ、絶縁、再発見または和解 V

囲い込むマークのスターアライアンス ところが、全日空のマイレージについて、だんだんよくわからないことが起こってきた。

私とANA全日空――出会い、あこがれ、絶縁、再発見または和解 IV

[caption id="attachment_1534" align="alignright" width="144"] 確かに飛んでいます とにかくそんなわけで、飛行機にはコンプレックスがある。相当に強いコンプレックスが。

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.