食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

「花畑牧場 生キャラメル」でいらいらが止まらない

[caption id="attachment_1188" align="alignright" width="192"]花畑牧場 生キャラメル 花畑牧場 生キャラメル

 ついに出くわしてしまった「花畑牧場 生キャラメル」。相変わらずよく売れているそうで、デパートの催事“北海道物産展”などでは、牽引役になっているとのこと。

 12粒入り、850円也。口に入れると、食べ慣れたキャラメルの味がして、舌と上あごの間で瞬間的に消滅する。悪い冗談みたいな食べ物と感じ、ふと「ポトラッチ」という言葉が浮かぶ。

 売れているのならよいとも思う。完全な手作りで、作るのはたいへんな手間とも聞く。ならば瞬間に消える1粒が70円というのも納得すべきなのか。

 でも、なんとも気分が晴れない。プレゼントされたものなのに、「食べ物なんだけどなあ」とつぶやきながら、いつまでもいらいらしている。

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.