食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

日本人拉致事件。国際世論を高める活動に賛同します

 1977年に中学1年生であったということは、私と同い年なのだ。横田めぐみさんは。彼女に起こったことをひとごととは思えない。

 中1の頃の、私のクラスのみんなのことを思い浮かべてみると、彼女に起こったことをひとごととは思えない。

 今年中学生になる私の子供を見ても、彼女に起こったことをひとごととは思えない。

 年々おいさらばえ、アルツハイマーで壊れていく私の父を見ても、彼女に起こったことをひとごととは思えない。

 そのどうにもならなくなっている父の世話をしている私の母を見ても、彼女に起こったことをひとごととは思えない。

 街を歩いていて、電車に乗っていて、楽しそうな人、楽しくなさそうな人、誰を見ても、やはり彼女に起こったことをひとごととは思えない、その気持ちが強まる。

 なぜ彼女は、私たちといっしょにいられないのか。納得がいかない。

 彼女は帰らなくてはいけない。

 父上に、母上に、娘らしい言葉をかけてあげなくてはいけない。

 みんなから、「よかった」と言ってもらわなくてはいけない。

【意見広告7人の会】のみなさんの考えに賛同します。ニューヨークタイムズへもう一度意見広告を。できることはなんでもやるべきです。国際世論を高めるために。同じ目に遭う人を一人でも減らすために。

活動を知るために→クリック

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.