食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

井上ひさしさんありがとうございました

 時間が経ってしまいましたが、井上ひさしさんのご冥福をお祈りします。

 私はあまり熱心な読者ではありませんでした。でも、「ラ・サール・ホーム」(仙台市/当時光ケ丘天使園)のご出身で、私にとっては広い意味で同窓であり、先輩で、今でも親近感を抱いています。

 最初に読んだのは「四十一番の少年」 。小学生が読むには悲しく、読むのが辛いお話でしたが、あれは読んでよかった。

 次は「ブンとフン」 。これは小学校のクラスでも人気があった。うちの子供も喜んで読んでいます。

 高校を出た頃か、友人が「吉里吉里人」 を薦めてくれたけれど、1日で一気に読むべきと思ってその勇気がわかず、まだ読んでいない。

 母と同い年。私たちの親の時代、辛く始まり、豊かに稔った時代。その次のことを日々考えているのかと問われている気がする。

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.