食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

ワインの栓から食品の技術革新戦略を考える

[caption id="attachment_1293" align="alignright" width="192"]酒類の栓3種。右からコルク栓、スクリューキャップ、ビンディング式圧着栓 酒類の栓3種。右からコルク栓、スクリューキャップ、ビンディング式圧着栓[/caption]

 瓶詰めしたワインの熟成には、瓶の外からの空気の(若干の)流入が必要か否か――そんなことの議論がまだ続いている。外気が必要と考える向きは、「従ってワインボトルの栓はコルクでなければならない」と主張し、熟成にはワイン中の溶存酸素で十分で外気は必要ないと考える向きは、「スクリューキャップこそワインの熟成を安定させ長く品質を保つ」と主張する。

続きを読む → Food Watch Japan へ移動

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.