食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

「GMは必要な技術」は消費者にとっておいしい話か?

[caption id="attachment_1328" align="alignright" width="192"]農業機械の展示会に集まった農業経営者たち。売れるもの、利益の出るものを求めて真剣そのもの 農業機械の展示会に集まった農業経営者たち。売れるもの、利益の出るものを求めて真剣そのもの[/caption]

「遺伝子組換え(GM)技術は日本にとって必要な技術」と、4割の農業経営者が回答――雑誌「農業経営者」が、今年3月にアンケート調査をした結果だ。調査対象者は、同誌購読者を中心とした2004人。43.8%が「必要」「どちらかといえば必要」と答え、48.2%が「必要でない」「どちらかといえば必要でない」と答えた。必要でないとする回答の方が数は多いが、GMに関する否定的な報道が多い中、意外な印象を与える数字かも知れない。

続きを読む → Food Watch Japan へ移動

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.