食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

シシリアンルージュ――生でよし加熱でよし

[caption id="attachment_1334" align="alignright" width="192"]小ぶりの中玉「シシリアンルージュ」 小ぶりの中玉「シシリアンルージュ」[/caption]

 調理用の中玉トマト「シシリアンルージュ」。加熱すればうま味たっぷり。生食すれば、トマト臭さが少なく酸味控えめなフルーツトマト風。これまた先週、試食させてもらった。

「シシリアンルージュ」も、パイオニアエコサイエンス(東京都港区、竹下達夫社長)の種苗。私は同社と特別な関係があるわけではなく、同社出身のG氏が、私の不勉強を心配してサンプルを手配してくれた次第(空腹を心配してくれた?)。ありがとうございます。

 生で食べられるものは何でもとりあえず生で口に入れてしまう癖があるので、これもまずは1個生食。甘味、酸味、うま味のバランスの取れた、サラダなどに使ってもおかしくない味。「バランスの取れた」と言えば聞こえはいいけれど、昔ながらのトマト臭いトマトが好きな人、酸味を好む人には、少しもの足りないかも知れない。とは言え、決して寝ぼけた感じはない。

[caption id="attachment_1335" align="aligncenter" width="192"]キャッチフレーズは「からみつく、うま味」 キャッチフレーズは「からみつく、うま味」[/caption][caption id="attachment_1336" align="aligncenter" width="192"]明るく鮮やかな赤 明るく鮮やかな赤[/caption]
[caption id="attachment_1337" align="aligncenter" width="192"]スライスが余計に取れそうな楕円形 スライスが余計に取れそうな楕円形[/caption][caption id="attachment_1338" align="aligncenter" width="192"]よく熟していて、中の色も均一 よく熟していて、中の色も均一[/caption]
[caption id="attachment_1339" align="aligncenter" width="192"]種とゼリーは少なめ 種とゼリーは少なめ[/caption][caption id="attachment_1340" align="aligncenter" width="192"]ジュースの色も濃く、よくからんだ感じ ジュースの色も濃く、よくからんだ感じ[/caption]

 大きさはSサイズの卵よりやや小さい程度。細長い形で、スライスもしやすい。

 今回は、スパゲッティに使って食べてみることに決定。

 まずは湯剥き。てのひらにすっぽり隠れるくらいの大きさと形で作業がしやすい。皮付きの味もみてみようと思っていたのに、湯剥きという作業が好きで、ついつい全部剥いてしまう。ちょっと失敗。

 剥いたトマトを縦半分にカット。明るく鮮やかな赤い色が食欲をそそる。加熱するのが惜しいとさえ思わせる。ゼリーと種は少なめ。出来上がりのスパゲティにトマトの種がたくさん見えていると、食感が奇妙になるのと、「これ何? とんがらしの種?」などと思わせてしまうので、これは肝心なところ。

 オリーブオイル、唐辛子、ニンニクのみじん切りをソテーパンに入れて火にかける。シュワシュワ言い出した当たりで、「シシリアンルージュ」を加えて塩。

 今回、ここでスパゲティの茹で上がり時間が迫ってきて焦る。と、「シシリアンルージュ」は1~2分であっと言う間にとろけてトマトスープ状に。助かった! トマトの色の鮮やかさはそのまま。

 ここで少しブイヨンを足してやれと思っていたものの、味見してみてやめる。加熱した「シシリアンルージュ」は、酸味が立ってくるようなことがほとんどなく、一方うま味が増したような印象。塩だけで味は十分。後で粉チーズを振り掛けるのもはばかられるほど、うま味たっぷりのトマトソースに化けてしまっていた。

 茹で上がったトマトをさっとからめる。ほどよく煮詰まったジュースたっぷりで、よくからむ。からんだ後の色がまたよい。

 スパゲティは、普段3人前(乾麺300g)を作って、私1.5:ツマ1:小学生の子供0.5の比率で食べるのが常なのだけれど、この日は4人前を作って均等にシェア。当然子供は残すと思っていたら、全員あっと言う間に食べてしまった。一応食卓に出したパルメザンチーズ(粉になっちゃっているやつ)、3人ともそれをかけようと思う間もなく皿は空に。うちの子、普段の3倍近く食べたくせに、もっとないのという顔。こりゃすごい。

 このスパゲティ、湯剥きをいとわなければ、調理は至極簡単。普段はレトルトのソースを使っているという人にも、これはお薦め。また、後で聞けば、皮を剥かないで調理すれば、それなりに酸味が生きてまたうまいのだとも。次回はグリルして食べたり、ピザに載せたりして食べてみたい。ディップも作れるのでは。

 レストランで使うとすれば、問題は価格か。「シシリアンルージュ」、今年はプロによる作付けは多くなく、販売はデパートなどで若干扱いがあった程度らしい。苗はホームセンターで家庭菜園用に出ていたと聞き、作ってみたかったと地団太を踏む。苗ではなくプロ向きの種子の流通は2007年1月から本格化する。来年は量が揃い、価格も手ごろになることを期待したい。

 生食も加熱もうまいというのは、レストランにとっては管理がラクになる話。通常の中玉と同程度の価格になれば、使いたいレストランは多いはず。ライバルは1缶100円程度で手に入る缶詰のトマトか。どんな食品でも味の差というのはなかなか伝えにくい。提供時に、“料理になる直前まで生でした”とわかるようなプレゼンをうまく組み立てることができれば、付加価値を付けやすい食材として人気が出るのでは。

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.