食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

「農業成功マニュアル」発売です

見本が届いた
見本が届いた

 今年の春、翔泳社の編集者から「就農を希望する人に向けた本を書かないか」とお誘いを受けた。彼をやきもきさせながら書き上げた原稿が「農業成功マニュアル『農家になる!』夢を現実に」という本になって、先週見本が届いた。明後日には店頭に並ぶということで、わくわく、どきどき、そわそわしている。

「農業成功マニュアル」という書名でよかったのか、実は今もちょっと心配はある(すみません)。というのが、酒を飲みながら話したある友人は、最初“プロ農家”向けの本だと思って聞いてくれていた。いいえ、これまで全く農業にかかわりのなかった人向けの本です。翔泳社には、「ど素人シリーズ」というヒットシリーズがあり、当初その線で検討を始めたので、内容的には「ど素人がはじめる農業の本」とでも言おうか。

「農業成功マニュアル」という書名で心配なことはもう一つある。チェーンストアや工業で言う厳密な意味でのマニュアル(手順書)ではないということ。何しろ、本文の中に「農業の標準化は無理」ということを書いているので、手順書の意味のマニュアルは作れない。「農業成功マニュアル」の「マニュアル」は、「手引き」「入門」と考えていただけたらと思う。

 内容としては、営農以前のことに重点を置き、特に農業がどういう仕事であるか、どうやって自分が農業を営む場所を決めるか、具体的な仕事のしかたはどういう人に教わるといいかといった部分を厚くした。なぜかというと、そこがいちばん難しいはずだからだ。

 そのような内容なので、外食業や小売業の方、特に仕入れにかかわるバイヤーや商品開発の方にもお薦めしたい。もちろん社長にも。農産物の仕入れのために農家に直に会って話をする際、ぜひ知っておいていただきたい内容が含まれるので。

 ショッピングサイトには申し訳ないことだけれども、できれば書店さんで手にとってみて、役に立つかどうか吟味していただければ。

 また、私も担当編集者も農業にはしがらみがないもので、農業界の方や行政の方から見ると、ちょっと思い切ったこともいろいろと書かせていただいた。とは言え、できるだけいろいろな立場の方のお考えは紹介したいので、もしご意見があれば、こちらへコメントを付けていただくか、こちらへメールをお寄せいただければ幸いです(すべてのコメントやメールに対応できないことがあります。くわしくはこちらをご覧下さい)。

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.