食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

「ホウレン草」は「フローレンス」からかな?

カキ
カキ

 先日、ホウレン草を使う「常夜鍋」の話を書いたけれど、カキ料理にもホウレン草は合う。グラタンでも、スープっぽく仕上げたものでも。

 カキにホウレン草を合わせた料理、たいてい「フローレンス風」と言う。なんでも、「フローレンス」(フィレンツェ)がホウレン草の産地だったからとか。

 で、ひょっとしてこうかなと思いながら、ついぞ確認できていない思い付きの話。「ホウレン草」という名前は「フローレンス」からの転では。

「ホウレン草」は「菠薐草」と書いて、「菠薐」とはペルシャのこととも言うらしいけれど、「フローレンス」と言うのを「ホウレンソウ」と聞いてしまったと考えるほうが、しっくりくるように思うんだけどなあ。

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.