食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

ドキュメントとプレゼントの達人。奥井俊史さん

なぞの木箱が届く
なぞの木箱が届く

 先月、ハーレーダビッドソン ジャパンから、荷物が届いた。荷札には「書類」とある。はて? 何か見せてもらうものがあったかしらん? 書類の割に、中からは何かカタカタと音がする。

 袋を開けると、木製の箱が入っていた。中は? 開けてびっくり玉手箱か。出て来たのは、組紐のかかった板表紙の折り本。

 開いてなるほど。この1月に奥井社長が退任されて、福森新社長が就任。その慰労と披露のパーティをするという招待状だった。私ごときにまでと恐縮する。

 奥井社長は、書状とドキュメントとプレゼントの達人。日常のスタッフへのメモ、ファクシミリから手紙まで、その一通一通で、内容を的確に伝えるのはもちろん、見栄えと雰囲気で事の重大さまで表現してしまう。このあたりのことは、「ハーレーダビッドソンジャパン実践営業革新」にも書いてある。

板表紙の折り本が……
板表紙の折り本が……

 そのパーティが今日。その内容と豪華さは、ネタなので書きません(すみません)。

 おみやげまでもらって来た。家で、袋からそれを出して、思わずにやり。小ぶりだけれど重たい小箱。和菓子と書いている。これは、大振りのあんこの詰まった饅頭2個に違いない。しかも、それはただの饅頭ではないはず。奥井さんが用意したのだから当然……。

 果たして、箱の中には「バーアンドシールド」(ハーレーダビッドソンのエンブレム)の焼き印が押してある、まるまるとした饅頭が2個並んでいた。「これがブランドの語源というものだナ」と、見ていてうれしくなる。

 小学生の子供が、これ(またおいしいあんこ)を食べながら、もうしっかりハーレーのことを覚えてしまっている。思わぬ所にも“絆”が出来てきていて、またびっくり。さすがです。

バーアンドシールドのお饅頭
バーアンドシールドのお饅頭
以前いただいたおせんべい
以前いただいたおせんべい

 奥井さん、お疲れ様でした。今後のますますのご活躍、楽しみに存じます。

 福森社長、HDJの素晴らしさを踏襲されながら、また新しい味を出していってください。

 ありがとうございました。

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.