食べ物記者 齋藤訓之

農業、食品、外食に関するビジネスの記者・編集者、齋藤訓之(さいとう・さとし)のWebサイトです。

「寡聞にして知らない」は嫌味で言ってるんです

[caption id="attachment_1549" align="alignright" width="192"]聞いたことありませ~ん 聞いたことありませ~ん

「寡聞にして知らない」という言い方。新聞のコラムなどでよく見かけるけれど、嫌な言い方。

「寡聞」というのは、聞くことが少ないということ。本来は不勉強、世間知らずを謙遜して言うのに使う。

 見聞の少ない新聞記者はいないわけではない。しかし、一般には、記者は誰よりも余計に見聞しているはずと考えられている。その人たちが「私は見聞が少ないので、そんなこと知りません」と言ったら、どうか。

「そんなゲテモノは、私の勉強の範囲に入ってません」ということ。

 嫌味に鳥肌が立つ。

© Satoshi Saito, Kosetsusha, Inc. All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.