想う伝える

私とANA全日空――出会い、あこがれ、絶縁、再発見または和解 III

中学生になると、飛行機熱はさらに加熱した。父が新しいカメラを買って、前のものを私がもらった。私はそれを持って自転車に乗り、飛行場へ通った。
想う伝える

私とANA全日空――出会い、あこがれ、絶縁、再発見または和解 II

ついに飛行機に乗れることになった5年生のときは、本当にうれしかった。あれを上回るうれしさと緊張は、結婚のときと、子供が生まれたときぐらい。その何週間も前から、どきどきしている。なんだろうな、あの感覚は。初めて女の子にチューをしようと、ああか...
想う伝える

私とANA全日空――出会い、あこがれ、絶縁、再発見または和解 I

小阪裕司さんが「面白い」と言ってくださったので、私と全日空の思い出話を。出会い、あこがれ、蜜月、“裏切り”と別れ。そして、再会と“和解”。長い話になると思う。
壊れた世界

そばスタンド、静かなるお尻テロ

学生の頃、帰省に急行列車を使うと安く上がることを覚えて何度か使った。19時とか20時頃上野を出て、翌朝青森に着く。座り心地の悪い椅子で12時間も揺られるのできつかったけれども、なんだか面白かった。
壊れた世界

危機の予兆

20代の頃、ばかに家賃の高いアパートに住んでいた。思い出すたび、いい気なものだったと思う。ある日帰宅すると、すべての部屋の床が水浸し。狐につままれたような気分だった。
壊れた世界

「花畑牧場 生キャラメル」でいらいらが止まらない

ついに出くわしてしまった「花畑牧場 生キャラメル」。相変わらずよく売れているそうで、デパートの催事“北海道物産展”などでは、牽引役になっているとのこと。
エデンの東

富士を見て函館

午前の便で函館へ。雪のため、千歳に行くか、羽田に戻るかも知れないと言われ、少し心配しながら。
エデンの東

松原泰道師と五木寛之氏の「いまをどう生きるのか」をうかがう

致知出版の新春特別講演会「いまをどう生きるのか」で、松原泰道老師と五木寛之氏のお話をうかがった。同名「いまをどう生きるのか」(致知出版)出版記念講演。お二人とも、たいへん味わい深いお話で感動する。
タイトルとURLをコピーしました